マスカラを失敗しないで上手に塗ることができる簡単な塗り方とは?

目というのは、人の印象を大きく左右するポイントの1つです。少しでも自分をきれいに見せようと思って、マスカラを使ってメイクをしているという方も多くいるでしょう。しかしメイクをしているとしても、塗り方が下手で自分の魅力を十分に引き出せていないという方も多くいます。失敗しないで上手に塗る方法を把握することで、理想の目元に近づけるかもしれません。

メイクをするとき、ビューラーを使っているという方も多くいます。ですがビューラーの使い方から間違っているというケースも多く見られます。きれいに見せるために、根元から力いっぱいあげればいいと考えている方もいるでしょう。力いっぱいあげてしまうと、まつ毛におかしな角度がついてしまうこともあります。

実際にビューラーを使う場合には、まつ毛を2~3回にわけてあげることが大切です。1回目は根本にあてて半分ほどの力でまつ毛をあげます。2回目はビューラーを45度くらいに傾けて、まつ毛の中間を1回目の半分ほどの力で使います。そして3回目はさらに半分の力で、先のほうを優しくカールさせるのが使うときのポイントです。

ビューラーを使ってまつ毛の状態を整えたら、いよいよマスカラを使用するステップです。マスカラはまつ毛の根本に3秒ほど押し当てたら、毛先に向けてひと塗りしましょう。根本にしっかりと液をつけることで、キープさせやすくなります。注意が必要なのが、同じ部分に重ね塗りをしないという点です。ダマになるだけではなく、毛先が重くなってカールが下がってしまう可能性があります。

マスカラをつけるときにダマができやすいという方は、回避するための方法を把握しておくことも大切です。まずポイントとなるのが、余分な液があったらティッシュを使うようにするという点です。塗る前に余分な液をティッシュで拭きとることで、まつ毛全体を均一に整えてダマになるのを予防することにつながります。さらにマスカラの下地を使うことで、ダマを防ぐことが可能です。

このようにマスカラの塗り方1つでも、さまざまなポイントがあげられます。自分がどのようなメイクをしたいのかという点によっても、塗り方の注意点も変わってきます。目指す仕上がり別に、どのような点に注意したらいいのか確認していくようにしましょう。また慣れが大切な部分もあるので、実践しながら自分に合ったマスカラの塗り方を探していくことも大切です。帰宅した後は、まつ毛への負担を減らすためにしっかりとクレンジングを行うことも忘れてはいけません。

関連記事
乾燥肌になる最大の原因ともちもち肌にするために行うべきこととは 2020年05月14日

乾燥肌の原因は大きく4つに分けられます。4つの原因に対して1つずつ対応していくことで、もちもち肌を手に入れることにつながるのです。それぞれの原因が密接に肌と関わっているからこそ、1つずつのポイントを確認していくようにしましょう。1つ目の原因としてあげられるのが、お手入れ方法が間違っているというもので...

大人ニキビと思春期ニキビの出来る理由と対策方法に違いってあるの? 2020年04月06日

ニキビは大きく分けると思春期ニキビと大人ニキビにわけることが可能です。同じニキビであれば違いはないと思っている方もいますが、実際にはさまざまな点で異なっています。10代の方に多く見られるのが思春期ニキビで、成長期における皮脂の過剰分泌が原因になります。毛穴に皮脂が詰まりやすくなって、原因となるアクネ...

知っておくべきケアプロストを通販を使ってお得にゲットする方法について 2020年01月19日

ケアプロストを使いたいという方にとってポイントとなるのが、どのように入手できるのかという点です。元々は緑内障の治療薬だったことから、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。だからといって病院で処方してもらおうと思っても、診察代や時間などの手間がかかってしまいます。そこでケアプロストを入手...

まつ毛に良くない負担がかかる原因とそれを解決する為にすることとは 2020年02月06日

まつ毛がダメージを受けるのは、メイクをしたときくらいだと思っている方もいるかもしれません。ですが実際には、まつ毛は生活のさまざまな場面でダメージを受けています。ダメージを受ける場面は多いので、負担を0にするのは難しいという点を押さえておくようにしましょう。気を付けて生活しているつもりでも、外気やエア...

気になるニキビを目立たないように隠すお役立ちメイク方法について 2020年03月09日

ニキビが気になって恥ずかしいという方もいるでしょう。そのような方は、メイクでニキビを隠すのも1つの手です。実際にニキビを隠すメイクの方法として使われることが多いアイテムが、コンシーラーです。コンシーラーでニキビが隠せるといっても、使い方が下手だとその部分が目立ってしまう可能性もあります。そこで気にな...