ケアプロストの効果を最大限に引き出すことが出来る具体的な使い方とは

目がきれいな女性

まつげ育毛剤の一種であるケアプロストを使うときには、正しい使い方をすることが大切です。誤った使い方をすると、効果が思うように感じられないもしくは色素沈着などのリスクがあります。高い効果を実感できるようにするためにも、必ず使い方を確認したうえで使用するようにしましょう。

実際に使うときの最初のポイントとなるのが、丁寧にメイクを落とすという点です。基本的には夜に使うことになりますが、洗顔が終わってきれいな状態で使うことがポイントの1つです。この時まつ毛にメイクが残っている状態だと、ケアプロストの成分が十分に浸透しません。メイクの洗い残しがないように、丁寧に洗顔をするように心がけましょう。

またケアプロストを使う前には、メガネやコンタクトを先に外しておくことも大切です。よく見えないのでコンタクトをつけたまま使いたいと思う方もいるかもしれません。しかし、ケアプロストを塗ってからコンタクトを外すと成分が目の中に入るリスクなどがあるので注意が必要です。

洗顔を終えて準備ができたら、アプリケーターと呼ばれるまつ毛ブラシにケアプロストを1滴だけたらします。このとき大量につけすぎてしまうと、皮膚に付着して肌が黒ずむ原因になってしまいます。つける量が多ければ効果が高いということはないので、適量を使うことを忘れないようにしましょう。

まつ毛ブラシのことをアプリケーターといいますが、綿棒などでも代用は可能です。ですがムラがないように塗るためには、アプリケーターが適しています。実際に使うときには、雑菌艦船を避けるために繰り返しアプリケーターを使用するのは避けることも大切です。

準備ができたら、上のまつ毛の根本にアイラインを引くようにケアプロストを塗っていきます。何度も塗ったほうがいいと思っている方もいますが、軽く1回だけ塗るというのがポイントの1つです。上のまつ毛だけに塗れば、まばたきしたときに下の部分にも成分が付着して浸透していきます。上下両方の部分に塗ると、色素沈着の下忍になってしまうこともあるので注意しましょう。

慣れていない人は、ケアプロストの成分がまぶたなどに付着しないか心配ということもあるかもしれません。そのようなときは、まぶたにクリームやワセリンを塗っておくのも1つの手です。クリームなどを塗っておくことで瞼を保護して、肌に薬品がつくのを防ぐことにもつながります。まつ毛の根本以外にケアプロストがつくと、色素沈着を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。

関連記事
普段の寝不足が肌荒れに繋がるメカニズムについて具体的に説明します 2020年06月21日

肌の健康を保つために大切な新陳代謝のことをターンオーバーといいます。このターンオーバーの特徴の1つが、活発に行われるのが睡眠中だという点です。そのため寝不足の状態が続くと、ターンオーバーが活発に行われずに肌荒れにつながりやすくなります。そもそも正常なターンオーバーの周期は1ヶ月前後ですが、寝不足が続...

乾燥肌になる最大の原因ともちもち肌にするために行うべきこととは 2020年05月14日

乾燥肌の原因は大きく4つに分けられます。4つの原因に対して1つずつ対応していくことで、もちもち肌を手に入れることにつながるのです。それぞれの原因が密接に肌と関わっているからこそ、1つずつのポイントを確認していくようにしましょう。1つ目の原因としてあげられるのが、お手入れ方法が間違っているというもので...

大人ニキビと思春期ニキビの出来る理由と対策方法に違いってあるの? 2020年04月06日

ニキビは大きく分けると思春期ニキビと大人ニキビにわけることが可能です。同じニキビであれば違いはないと思っている方もいますが、実際にはさまざまな点で異なっています。10代の方に多く見られるのが思春期ニキビで、成長期における皮脂の過剰分泌が原因になります。毛穴に皮脂が詰まりやすくなって、原因となるアクネ...

知っておくべきケアプロストを通販を使ってお得にゲットする方法について 2020年01月19日

ケアプロストを使いたいという方にとってポイントとなるのが、どのように入手できるのかという点です。元々は緑内障の治療薬だったことから、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。だからといって病院で処方してもらおうと思っても、診察代や時間などの手間がかかってしまいます。そこでケアプロストを入手...

まつ毛に良くない負担がかかる原因とそれを解決する為にすることとは 2020年02月06日

まつ毛がダメージを受けるのは、メイクをしたときくらいだと思っている方もいるかもしれません。ですが実際には、まつ毛は生活のさまざまな場面でダメージを受けています。ダメージを受ける場面は多いので、負担を0にするのは難しいという点を押さえておくようにしましょう。気を付けて生活しているつもりでも、外気やエア...